足つぼー生理中のマッサージ

足つぼ

みなさまこんにちは。
癒やさない癒やしのハリスです^^

今日は足つぼマッサージを受けるタイミングについて。
生理中でもマッサージしていいの?

私も足つぼマッサージに通い始めたころ、疑問に思ったことがありました!
答えは、
生理中でもマッサージしてOKです!
というか、生理中にこそ足つぼ^^!
と、私は考えています。

これは、
足つぼマッサージで血液やリンパの流れ、代謝をよくし、経血をしっかりと体の外に排出しましょう!
という考えからです^^
また生理前後に起こりがちな「うっ血、むくみ(血流の滞り)」や「自律神経の乱れ」にも、足つぼで効果が期待できます。

足もみで不妊治療をされているプロの先生がいらっしゃるのですが、病院のように生理周期(生理中、排卵期、排卵後、など)に合わせた足もみをされています。
その先生曰く、
まず生理2日目から足もみスタート」だそうです^^
私も自分の生理の時は、2日目にはしっかりとセルフケアをしています!
(経血をごっそり排出してあげるイメージで♪)

なのでどうせするなら一押しは2日目なのですが、そんなタイミングよく施術に来れるわけもない、、と思いますので^^;
おうちでできる簡単セルフケアをご紹介します!

①基本ゾーン

使いまわしの写真ですみません^^;

すべての基本、基本ゾーン
腎臓~尿道まで、図のオレンジの部分です。
でも面倒なので、土踏まずを一回り大きくした場所を上から下へ。
まんべんなくもんであげてください^^

②かかと

生殖器の反射区があるかかと
乾燥している方も多いのでは?
そのままにしておくと、冷えや代謝の低下につながりますよ~@@

ゴリゴリゴリと、けっこう力を入れてもむと気持ちいいです^^
マッサージの際はクリームかオイルをつけて。
人差し指の第2関節をカギにしたり、棒のような道具があればやりやすいかなと思います。

内くるぶしの下

内くるぶしの下、洋ナシ形に子宮の反射区があります^^
外へ、上へ、しっかり揉んで、ごみを排出してあげるイメージで♪

ちなみに、反対側の外くるぶしの下には、卵巣の反射区があります。
生理周期の乱れでお悩みの方はこちらをもんであげるのがおすすめです!

④足踏みマット(おまけ)

そして、もし何か婦人科系でお悩みなら、足踏みマットが本当におすすめです!
生理痛?生理周期?冷え?むくみ?妊活?などなど。

かかとを自分でもむのはなかなか難しく、力もいります。。。
足踏みマットなら踏むだけでかかともしっかりもめちゃいますよ~!

最初はかなり痛いかもしれません。
でも、毎日15分。
ドラマを見ながらしていると、、?
私はこれで、長かった生理周期が28~29日に収まり、生理痛も全くなくなりました^^
(生理痛に関しては、生理用品やお風呂の水質を変えたことも影響していると思います)

お値段は7000円ほどとそんなに安いものではないのですが、本気でセルフケアグッズを探している方には必ずオススメしています^^
本気じゃなさそうな人には、マットがもったいないので特にすすめません。笑

ちなみに、生理中の足つぼはOKですが、妊娠中は今日ご紹介した生殖器系の反射区は触らないでくださいね!
妊娠中でも足もみはできます^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました