足つぼー副作用?好転反応?

足つぼブログ

みなさまこんにちは。
癒やさない癒やしのハリスです^^

足もみを紹介するとき、本当にいいところがたくさんあるのですが、その中でも意外と知られていないのがこれ。

副作用がないこと。

例えば頭痛や生理痛のとき、簡単に飲んでしまう人も多い痛み止め。
飲めば痛みが和らぐかもしれませんが、じゃあ副作用は?
(みなさん、お薬の説明書読んでますかー??^^)
よく言われるのが消化器系の症状ですよね。
食欲不振とか、胃もたれとか、胃炎・胃潰瘍を引き起こす原因になるなど。
また、痛み止めは解熱剤の効果もあるため、薬を飲むと体が冷えます。
生理痛って子宮に問題があるということですよね?
体を冷やしてどうするんだ、、、
あ、ちょっと話がそれた^^;

このように薬で効果を求めようと思えば、必ず副作用があります。
その副作用はすぐに出ることもあれば将来の身体に影響することもあります。

足もみでは、そんな副作用がありません。
ついでに言うとボディのマッサージで時々あるもみ返し、というものもありません。

まさに理想的な健康管理法^^

代わりにと言っては何ですが、ときどき好転反応と呼ばれるものがみられる方はいらっしゃいます。
好転反応は、症状が改善していく途中でいったんその症状がひどくなったり、さまざまな不快感があったりすることを言います。
これは足もみのおかげで体の冷えや緊張がほぐれる過程で一時的に起きる正常な免疫反応であり、副作用ではありません^^
以前に経験した不調など、もともと持っていた悪い部分が出てくることも多いです。
いわば一種のデトックス反応?!

よく聞くのがだるい眠い倦怠感、など。
今まで少し病的な状態で均衡を保っていた臓器が、本来の機能を回復し始める際、一時的に各器官同士のアンバランスを生み、その悪いところから反応が出るのが原因です。

また体の解毒作用の表れで、体内にたまった老廃物、毒素、疲労物質を分解・排泄するときに出る反応が汗や尿、便、皮膚に現れることもあります。
具体的には湿疹吹き出物かゆみ目やに皮膚の変化(アトピーなど)尿の色やにおいの変化大量の便いつもより多い量の生理、などです。

そして、血行が改善されうっ血して汚れた血液が体内をめぐり始めることによっておこるのが好転反応の最終段階。
胃痛頭痛吐き気発熱動機など。

好転反応があったときにも、慌てず継続的に足もみをして大丈夫ですよ^^
私はこの部分が弱っていたんだなぁとか、悪いもの出てくれてるんやなぁとか思いながら、ぜひ自分の身体をよく見てあげてください。

このように副作用がないので、老若男女、いつでもどこでも足もみはできます^^
本当に最強の、自分でできる予防医学だなぁと思っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました