藍染@徳島県海陽町

みつろうエコラップ

みなさまこんにちは。
癒やさない癒やしのハリスです^^

3連休は家族で徳島へ。
念願の藍染を体験してきました!

徳島市でも藍染を体験できるところはたくさんあるそうなのですが、昔からずーっと気になっていた海陽町のin Between Bluesさんまで♪
ワークショップに参加させていただきました^^

藍染の知識は全く無知で行ってしまったのですが、1年を通した栽培~収穫のお話、藍染の材料(in Between Bluesさんではすべて天然素材使用ですが、ケミカル使用の藍染も多いそうです)のお話、また藍とは切っても切れない麻のお話など。
沢山伺うことができました。

藍の種と、染に使う藍の葉っぱ

in Between Blues代表の永原レキさん。
オーストラリアつながりのお話もたくさんあって、いろいろ主人とも盛り上がっていました。
手も爪も、濃い藍色に染まっていたのが本当に印象的。(お写真撮らせてもらえばよかった!!)
レキさん的には、藍ももちろんですが麻の栽培の大切さを伝えていきたいそう。
藍にも欠かせないし、とても大切な物なのに、今は日本で新規で麻の栽培に手を出すことは本当に難しいことだそうです。
しかも、日本では大麻=ダメなもの、と学校でも教えている。。。
これはおかしい!と。

についてのお話も深かった~
興味あったらぜひ知ってみてほしいです^^

手前が3か月ほどたった藍、奥がまだ若い藍

ひととおり藍と麻の説明をしていただいた後は、いよいよ藍染ワークショップ!
実は、オーガニックコットンを染めて藍染のみつろうエコラップが作りたいなぁと参加したのですが、お話を聞いていて、藍は自然の素晴らしいパワーが詰まっているから、身に着けるもののほうがいい、と知り。。
(精油と同じですね!)
急遽オーガニックコットンのストールも作ることにしました^^

私は手がブルーになったら困るので^^;
手袋とエプロンを借りて、藍染のスタートです!
まずはストールから。
綺麗なグラデーションになるように、レキさんに染め方の手順を教えてもらいながらしました♪

主人には、エコラップ用のオーガニックコットンを染めてもらいました。
作ってる間はこれだけしか写真がなかったので^^;
出来上がりがこちら

じゃじゃん!

オーガニックコットンも、すべてレキさんがデザインを考えてくださいました~♪
いろんな染め方があるんですね^^
藍染エコラップ、きっと最高じゃないですか?!?!

(自宅であと2回ほど洗いと干しを繰り返したほうがいいとのことなので、ラップの作成はまだ少し先、お楽しみに^^)

長く待たせてごめんね~^^;
後ろはすぐビーチなので、海でお昼ご飯を食べたり遊んでくれていたみたいです。
理想のライフスタイルや~笑

ちなみに母がしているストールも、たまたま藍染の物でした。笑

それにしても、in Between Bluesさんのお店も素敵すぎて@@
(店名は、空と海、2つの青の間、という意味みたいです^^)

藍染以外にも、いろーんな美しいブルーのグッズが置いてあります。

海陽町と言えばのサーフィングッズや。

小物やグラスもめっちゃ素敵でした!

アクセサリー系も素敵だったなぁ。。
ターバン悩んだんだけど、やっぱり似合わないかもと思って断念した^^;

麻×コットンの藍染はベビーグッズにもピッタリだそうです。
息子も気に入って遊んでいた藍染尽くしのベビーベッド^^

カフェもありますよ~♪

こちらも以前からチェックしていた藍やヘンプシードを使ったマフィンと、マカロンをテイクアウト♪

綺麗なグラデーション~♪
甘さも控えめでとってもおいしかったです!

本当に素敵だった藍染。
藍も麻も、ずっと残ってほしいなと思いました。
実際、高価なものだし(特にこちらのようにすべて天然素材だと)バンバン売れるというものではありませんが、やはりなにか秘められたパワーというか、感動するものを感じます^^

ストールは大切に、たくさん使おう!
エコラップもこれから作成するのが楽しみ♪

またこちらで紹介させていただきますね^^

コメント

  1. […] 実は徳島でも藍染を体験(→☆)し、エコラップ用の生地を作れないか軽くお話などもしていたのですが、、徳島の藍染は高級で、コストパフォーマンス的にほぼ無理だったのです@@;(100%ナチュラルな藍染のことです、ケミカルを使う藍染は安いです。) […]

タイトルとURLをコピーしました